歯周病

052-932-1010

(月・木) 09:0013:00 / 15:0020:00

(火・金) 09:0013:00 / 14:0018:00

(土) 10:0013:00 / 14:0018:00

  • ※休診日:水・日・祝

  • 「森下駅」 徒歩1分
  • 駐車場4台完備
    および提携パーキング有り
  • WEB予約
  • メール相談
キービジュアル

最後まで「歯を残す」ことを諦めません。

薬で治す」歯周内科療法
骨を再生」させる骨再生療法
抜歯を防ぐ」歯周外科治療

歯周病の治療法は一つではありません

歯周病の治療法は一つではありません

歯周病治療には「投薬」「外科手術」など、いくつかの方法があります。「歯周病にはこの治療法」と決められているわけではありません。患者さんのお口の状態に合わせて最適な治療法を選択する必要があります。

しかし、経験や知見の浅いドクターのでは、適切な治療法を選択できない場合があります。一方で、多くの治療実績があるドクターであっても、ある患者さんにとっては治療効果が表れにくいということもあり得ます。

そこで大切になる考え方が、「セカンドオピニオン」です。セカンドオピニオンは、他院の医師に再度診断してもらって、治療方針を相談するという方法です。

歯周病治療においても、「通院しているが治療成果が出ていない」と感じたら、別の医院でお口の状況を診てもらい、その治療方針が正しいのかを客観的に判断してもらうことはとても重要です。

当院が行う歯周病治療

歯周病は、痛みや具体的な症状が現れないまま進行していき、気が付いた時には抜歯が必要となってしまう病気です。このページをご覧になっている方は、すでに歯のグラつきや、口臭、歯茎の腫れや出血など、自覚症状が出ているかと思います。そうした方は、できるだけ早く歯科治療を受けていただきたいです。
当院では、以下のような取り組みで、歯周病治療をしています。

特徴 1. 「歯周病リスク」を把握します

「歯周病リスク」を把握します

歯周病になりやすい人・なりにくい人というのが存在します。当院では、以下のような検査を通して、患者さんの歯周病に対するリスクを総合的に評価し、患者さんに合った治療方針を策定していきます。

位相差顕微鏡検査

位相差顕微鏡検査

位相差顕微鏡を使用すると、細菌を生きたまま観察することができます。お口の中の細菌を採取して、種類や活動量などを確認し、どのような種類の菌が悪影響を及ぼしそうかをチェックします。また、治療の前後で比較することで、治療効果の評価も行います。

CT検査

CT検査

CTは歯や顎の骨の状態を三次元的に撮影できる装置です。現在の歯や骨の状態を鮮明に映し出すことで、歯周病の進行度合いを確認できます。

唾液検査

唾液検査

唾液にはお口の中にいる様々な細菌が含まれています。唾液を調べることで、歯周病や虫歯のなりやすさを測定することができます。

特徴 2. 検査結果から治療計画を作成し、治療を開始します

検査結果から治療計画を作成し、治療を開始します

歯周病は感染症です。そのため、症状を緩和するための治療だけでなく、「菌に対してアプローチする治療」も必要です。当院では、一般的に歯周病治療として行われている歯垢・歯石の除去だけでなく、検査で明らかになった菌に効果的な手段で殺菌を行います。

薬で治す歯周内科治療

薬で治す歯周内科治療

歯周内科治療は、歯周病を内服薬(飲み薬)で改善させる治療法です。菌を直接的に殺菌することで、歯周病の悪化・再発を防ぎます。

特徴 3. 溶かされた骨を再生させる骨再生療法

溶かされた骨を再生させる骨再生療法

歯周病が悪化すると、あごの骨が溶けてしまいます。あごの骨は歯を支える役割を持っていますので、歯がぐらつき、やがて抜け落ちてしまいます。

歯周病によって失われたあごの骨は、治療しなければ自然に再生することはありません。しかし、特殊な薬剤を使用することで骨の再生を促すことはできます。当院では、「リグロス」という薬剤を使用して、歯周組織の再生を目指します。

リグロス

リグロス

リグロスは、骨の細胞増殖を促す効果がある薬剤です。歯茎を切り開いて歯を露出させ、取り切れていない歯垢・歯石がないかチェックしたうえで、リグロスを塗布し、歯茎を縫合して元に戻します。あとは骨が再生するのを待つだけです。

リグロスは保険が適用されるため、患者さんの経済的負担も小さくなります。

特徴 4. 歯周外科治療でも抜歯を回避するアプローチ

歯周外科治療は、より重度な歯周病患者さんに向けた治療方法です。歯周病が進行しすぎてしまうと、歯周ポケットがかなり深くなり、歯石を取ろうとしても治療器具が届かなくなるなどの問題が発生します。

こうした状態であっても治療できる手段が、「歯周外科治療」です。

歯肉剥離掻爬手術(FOP法)

FOP法

歯周ポケットの奥深くに歯石が付いてしまっている場合、通常の器具では取り除けません。そこで、歯茎を切り開き、歯石が付いている部分を露出させて、歯石除去を行います。

この手術を行うと通常では取り切れない歯石が除去できるのはもちろんのこと、歯茎の縫合時に深くなっていた歯周ポケットを浅くすることもできます。これによって歯垢も溜まりにくくなり、今後歯周病が悪化しやすくなる口内環境そのものを整えることにも繋がります。

ルートセパレーション

ルートセパレーション

奥歯は、歯根と呼ばれる歯の付け根が複数に分岐しています。歯周病が進行して歯茎が下がってくると、この分岐部にも歯石が溜まってくることがあります。これは「分岐部病変」といい、通常の器具では治療できません。

こうした位置の病変を治療する方法が「ルートセパレーション」です。ルートセパレーションでは、歯を縦に分割することで、治療器具が病変に届くようにします。もちろん、病変治療後は分割した歯に被せ物などの処置を行います。

特徴 5. 歯肉移植手術で審美性も確保

歯肉移植手術で審美性も確保

歯周病で歯茎が腫れている時は気付きにくいのですが、治療を終えて腫れが引くと「歯が長くなったような感じがする」となるケースがあります。これは歯周病で歯茎が退縮してしまったことが原因です。

せっかく歯周病が治っても、これでは見た目がよくありません。そのため当院では、必要に応じて「歯肉移植手術」を実施し、見た目も美しく整えていきます。

歯肉移植手術で審美性も確保

歯肉移植手術はどこの歯科医院でも受けられるような治療ではありません。歯周病治療後の審美性についても気になる方は、ぜひ当院にご相談ください。

特徴 6. 歯科衛生士は担当制です

歯科衛生士は担当制です

歯科衛生士を担当制にすることで、患者さんの治療管理が円滑になります。特に歯周病治療においては、治療の進捗度合いだけでなく、生活習慣の把握や双方の信頼関係が非常に重要です。歯科医師と担当になった歯科衛生士、そして患者さんが連携することで、歯周病治療の効果を最大限に高めることが期待できます。

無理のない治療計画をご提案します

歯周病になる原因は、元々の口内環境、歯科医院への通院頻度、生活習慣など、様々な要素が絡んでいます。歯周病になってしまった場合、これらを総合的に改善していくことが望ましいです。

しかし、患者さんによっては、なかなか通院のための時間が取れなかったり、不規則な生活が避けられなかったり、といった事情もあると思います。当院ではそうした事情も考慮して、患者さんが無理なく治療を続けていけるような治療計画を立案しています。

まずは、ご自身の考えやライフスタイルについて、詳しく私たちにお伝えください。歯周病を治し、健康で快適な生活を取り戻すために、一緒に頑張りましょう。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • WEB予約
  • メール相談

電話番号

052-932-1010

住所

〒461-0027
愛知県東区芳野3丁目10番20号 スターアーツビル3階

このページの先頭に戻る